晴れても降ってもレインブーツに夢中!

チャンキーソールのブーツ人気は継続しているけれど、何と言っても今シーズンのスタートレンドといえばレインブーツ。秋の気配を感じるとヌーディーなストラッピーサンダルからブーツへ履き替えたくなるところですが、季節の変わり目に降る雨は柔らかなレザーの大敵。濡れた石畳の上も闊歩できるレインブーツは、そんな悩みにも答えてくれる有難いトレンドです。

無骨な魅力をそのまま生かしたアイテムをはじめ、今年は豊富なカラー展開でシックなルックに合わせるブランドも目立ちます。また、ゴムという素材に対するエコなアプローチにも注目。

エッジを効かせた正統派:「エーグル」x 「コシェ」

フランスの老舗「エーグル(Aigle)」からは、今注目の若手ブランド「コシェ(Koché)」とのコラボレーションが登場。先日のパリ ファッションウィークでは、ビュット・ショーモン公園で開催された「コシェ」の2021春夏ランウェイの中でコラボアイテムも披露されました。クラシックな「エーグル」のモデルにクロコ風加工を施したロングブーツは、適度なモード感がどんなルックにも合わせられそう。

ちなみに、コラボコレクションは日本国内では11月14日から発売予定。他にもオーバーサイズのパッチワークアウターやワークシャツなど、モードなアウトドアアイテムが揃っています。

エコでリュクスな「ボッテガ ヴェネタ」

イットなアクセサリーを作らせたら右に出る者はいないダニエル・リー(Daniel Lee)率いる「ボッテガ ヴェネタ(Bottega Veneta)」。2020年秋冬コレクションのランウェイで目を引いたのは、ぽってりとボリュームのあるラバーブーツ「BV Puddle Boots」でした。洗練されたトレンチスタイルやスリークなドレスと合わせることで、足元に新鮮なボリュームが生まれます。

素材には生分解性ポリマーをしており、革新的でサステナブルなものづくりのほか、ブラック、ブラウン、ピンク、ベージュ 、グリーンとモードな4色展開にも注目。

クールなリアルプライス「ガニー」

shoesganni
Photo: AJIP

インフルエンサーやファッションウィークのオフランウェイでも着用率の高い北欧ブランド「ガニー(Ganni)」。チェルシー風のパネルにタブ、チャンキーなソールとトレンド感満載のブーツは、ニットドレスからジーンズ、テーラードアイテムなどいろいろなスタイルに合わせられそう。製造過程で発生した余りをリサイクルしたプレコンシューマ材料を50%使用しており、やはり環境に配慮したアイテムになっています。

モードなパステルカラー「プラダ」

「プラダ(Prada)」の2020年秋冬のランウェイでは、ブルーやピンクのレトロなパステルカラーのレインブーツが話題になりました。ミッドカーフレングスのワイドなシルエットやしっかりしたトラックソール、シアリングのライナーなどがモードな印象。同じくソフトなパステルカラーをミックスしたカラーブロックスタイルでプレイフルな秋冬スタイルに。

最新情報をチェックしよう!
>パリからニッチなファッション情報をお届け

パリからニッチなファッション情報をお届け

トレンド、ショッピング、ビジネスニュース、パリ生活。在仏10年近い現役ファッション関係者が、モード ラバーから業界人まで幅広くファッションに携わる方々に向けて独自の情報を発信しています。