「ロベルト カヴァリ」、ファウスト・プリージを”クリエイティブコンサルタント”に起用

「ロベルト カヴァリ(Roberto Cavalli)」が、イタリア人デザイナーのファウスト・プリージ(Fausto Puglisi)を”クリエイティブコンサルタント”に起用した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roberto Cavalli Official(@roberto_cavalli)がシェアした投稿

即時就任、デビューは来年

”コンサルタント”とあるが、プリージはブランドのデザイン全体を監修する。デビューコレクションは2020年1月に発表される予定だ。

昨年3月にポール・サリッジ(Paul Surridge)が退任して以来、ブランドのデザインはインハウスチームが手がけていた。

「『カヴァリ』ブランドの伝説を引き継ぐことができ、非常に光栄です。何よりも、ロベルト・カヴァリのグラマラスで洗練されたイメージを支え続けていけることが嬉しい。自分自身のインクルージョンや美の観念を発展させ、異なる文化、多様性、様々な美しさの中での対話を広げていければと思っています。『カヴァリ』の歴史に新たなページを刻む希少な機会であり、イタリアのクラフトマンシップと卓越した技術を称えていきたい」とプリージはコメントしている。

元「ウンガロ」デザイナーのプリージ、 セレブリティにも人気

シチリア生まれのプリージは、1999年に渡米。ニューヨーク、テキサス、ロサンゼルスなどに移り住んだ。その後イタリアに戻り、2010年にドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)に招待され、リテールプロジェクト「Spiga 2」に参加。同年自身のブランドを立ち上げた。

2012年にはマドンナのスーパーボウル出演衣装を手がけたことで話題になり、フランスのメゾン「エマニュエル ウンガロ(Emanuel Ungaro)」のアーティスティックディレクターにも抜擢された。

「ファウスト プリージ」ブランドのセクシーでグラマラスなスタイルはレッドカーペットでも人気を博し、ジェニファー・ロペス、ブレイク・ライヴリー、エミリー・ラタコウスキー、ゼンデイヤ、テイラー・スウィフト、ニッキー・ミナージュをはじめ、セレブリティに多くのファンがいる。

リブランド中の「ロベルト カヴァリ」

「ロベルト カヴァリ」は過去数年にわたって業績悪化に苦しんでおり、昨年ドバイの実業家Hussain Sajwaniが買収した。イタリア・フィレンツェ北部の工場も閉鎖し、ミラノに集中するなど再建を続けている。

先日10月19日には、新ゼネラルマネージャーとして「フィリップ プレイン(Philipp Plein)」出身のエンニオ・フォンタナ(Ennnio Fontana)を迎えたばかりだ。

最新情報をチェックしよう!
>パリからニッチなファッション情報をお届け

パリからニッチなファッション情報をお届け

トレンド、ショッピング、ビジネスニュース、パリ生活。在仏10年近い現役ファッション関係者が、モード ラバーから業界人まで幅広くファッションに携わる方々に向けて独自の情報を発信しています。