パリの「ドーバーストリートマーケット」、2021年にオープン決定

パリの「ドーバーストリートマーケット(Dover Street Market)」オープンが決定したと、仏メディアFashionNetwork.comが報じた。かねてより噂は流れていたものの、具体的な予定については明かされていなかったが、今回同紙にDSM側が認めたという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HFD(@honeyfuckingdijon)がシェアした投稿

新コンセプト「ドーバーストリート トレーディング マーケット」に

オープンは2021年を予定。現在の「トレーディングミュージアム コム デ ギャルソン(Trading Museum Comme des Garçons)」の店舗に、「ドーバーストリート トレーディングマーケット(Dover Street Trading Market)」の名前で開業する。

フォブール・サントノレ通り54番地の建物は30平米ほどのスペースとなっており、従来のDSMとは違った新しいコンセプトが導入されるようだ。

若手ブランドのみをセレクト、「ERL」や「ハニー ファッキング ディジョン」も

現在、ロンドン、東京、ニューヨーク、北京、シンガポール、ロサンゼルスで展開している従来型の「ドーバーストリート マーケット」では、メジャーなラグジュアリーブランドから新進気鋭のエッジィなクリエーターまで、幅広くミックスしたセレクトが特徴だ。

しかし、来年パリにオープンする「ドーバーストリート トレーディング マーケット」は、主にコム デ ギャルソン(Comme des Garçons)が目をかけている若手デザイナーに絞った品揃えになるという。

確定しているのは、レディー・ガガやカニエ・ウェストなどのクリエイティブディレクターを務めるイーライ・ラッセル・リネッツ(Eli Russel Linnetz)の「ERL」や、DJ ハニー ディジョン(DJ ハニー ディジョン)による「ハニー ファッキング ディジョン(Honey F–King Dijon)」といったブランドだ。

パリにはすでに「ドーバーストリート パルファン マーケット」が

また、「ドーバーストリート マーケット」としては、パリではすでに昨年10月にフレグランスとコスメに特化した新業態「ドーバーストリート パルファン マーケット(Dover Street Purfums Market)」がマレ地区にオープンしている。

 

最新情報をチェックしよう!
>パリからニッチなファッション情報をお届け

パリからニッチなファッション情報をお届け

トレンド、ショッピング、ビジネスニュース、パリ生活。在仏10年近い現役ファッション関係者が、モード ラバーから業界人まで幅広くファッションに携わる方々に向けて独自の情報を発信しています。