Chanel1

シャネルが伊シューズメーカー「Ballin」取得

 シャネル(Chanel)社が、イタリアの老舗シューズメーカー「Ballin」を買収した。イタリアのPambianco Newsをはじめ複数の海外メディアが報じている。

Ballin
「Ballin」公式サイトより

 「Ballin」はイタリアのリヴィエラ・デル・ブレンタで1945年に創業。現在200人の従業員を抱え、年間25万足の靴を生産している。シャネルにとっては、7月の革工房「Gaiera」に続き今年2件目となるイタリア企業買収だ。

 「シャネルは『Ballin』の主要な顧客であり、相互の利益が一致したことで今回の取引が実現しました。『Ballin』は長期的な可視性を約束できるような堅固なパートナーを求めており、シャネルとしては、自社の事業はもちろんラグジュアリー業界全体にとって欠かせないサプライチェーンを強化したいという考えでした」とPambianco Newsは引用している。

 シャネル社は今までにも多数のサプライヤーを取得しており、2018年にはフランスのHaasとスペインのColomer Lether Group、昨年はイタリアのSamantaとフランスのDegermannなど、ここ数年でヨーロッパの皮革工場を積極的に買収している。

 さらに、シャネルは伝統工芸(métiers d’art)の工房を束ねる子会社パラフェクション(Paraffection)を通じて、イタリアの製糸工房Vimar 1991を獲得したばかり。パラフェクションには、他にも刺繍のメゾン・ルサージュ(Maison Lesage)、羽根細工のルマリエ(Lemarié)、靴工房マサロ(Massaro)、コスチュームジュエリーのグーセンス(Goosens)、手袋のコース(Causse)といったフランス国内のアトリエから、スコットランドのバリー ニットウェア(Barrie Knitwear)などが傘下に収まっている。

 

Chanel1
最新情報をチェックしよう!
>パリからニッチなファッション情報をお届け

パリからニッチなファッション情報をお届け

トレンド、ショッピング、ビジネスニュース、パリ生活。在仏10年近い現役ファッション関係者が、モード ラバーから業界人まで幅広くファッションに携わる方々に向けて独自の情報を発信しています。